これじゃ売れない!お客様がつかないキャバ嬢の特徴

公開日: 

お客様がつかないキャバ嬢の特徴

これじゃ売れない!お客様がつかないキャバ嬢の特徴

キャバクラの仕事は、個人事業主の営業マンの仕事と同じく、自分の成績次第でお給料が変わってきます。

指名を取り、売り上げを上げることが、お給料に反映します。

保険の営業の場合、保険という商品を売るのが仕事ですが、キャバ嬢の商品は”自分”です。

自分を売り込むことが必要です。

私がキャバ嬢として働いた、いろいろなお店で見てきた「これじゃあダメだな」と思った接客をお話しします。

TRY18

”サービス精神”という概念がない

キャバ嬢は、ある意味サービス業です。

サービス精神がなければ、他の子との差がつきません。

「こうしたら喜んでくれるかな」など、相手の喜んでくれることを考えるようにすれば、自然とお客様はつきます。

私はお客様が、他のお店の子に浮気したとしても、誠心誠意サービスしてくれて、一緒にいて楽しいキャバ嬢のところに戻ってくると思っています!

お客様に対して、サービスを一生懸命することによって、ファンになってくれるのだと思います。

意見を聞かずに、ふてくされる

時には、お客様から注意や意見をいただくことがあります。

「お客様の意見」として、真摯に受け止めるようにしましょう。

もちろん、必ずしもその意見が正しいとは限りませんが、受け止めることは必要です。

たまに、若いが故なのかわかりませんが、変に気が強く言い返したり、怒られた子供のようにふてくされるキャバ嬢がいます。

また、「それは違う」と反論してみたり、言い訳したり。

正直可愛げがありません!

内心「違う」と思っても、せめて真摯に受け止める態度を示しましょう。

可愛くない

見た目の可愛さではなく、話していて、可愛げのない人ってたまにいます。

せっかくですから、「かわいいな」と男性に思ってもらった方が得です!

変にキャラ設定に左右されず、素直な自分を出して可愛げのある女性でいましょう。

お客様の言ったことに、オーバーリアクションをとったり、なにか頂き物をした時に、すごく喜んでみたりしましょう。

内心、「いらない・・・」と思ったプレゼントでも、少し大げさなくらいに喜んでみましょう!

お客様の都合より、自分の都合を優先

よくあるのが、”ノルマ”に関してです。

曜日や、日付(イベント)などのノルマがあって、キャバ嬢としては、どうしてもその日に同伴したり、お店に来てもらいたい気持ちはあります。

しかし、それはあくまでお店や自分の都合でしかありません。

お客様にも都合があるのに、無理やりしつこくしても嫌われてしまうだけです!

ちゃんとお客様の都合も、理解しましょう。

また、お客様は翌日出張で朝が早かったりするのに、売り上げ欲しさに無理矢理延長したり、懐事情も考えず、高額なものを頼んだりと、結局トラブルになったり、足が遠のいてしまう可能性が高くなります。

お客様に対する気遣いが必要です!

 

キャバ嬢は、お客様に好意を持とう!

相手に好かれたいと思うのならば、まずは自分が相手に好意を持って接することが、一番の近道です。

自分に好意を持ってくれる相手に、人は好意を向ける傾向にあります。

「好き」という恋愛感情ではなく、お客様のいいところをみて、好意を持って接すると、お客様にも伝わります。

売れっ子キャバ嬢は、お客様に好意を持って、接しています。

お客様の「こういうところ凄いと思う(尊敬する)」というところを、見ましょう!

まずは、きちんとお客様を観察し、話をよく聞くことが重要です。

 

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑