キャバクラ体験入店時のポイント

公開日:  最終更新日:2015/09/01

体験入店のポイント

キャバクラ体験入店時のポイント

本入店する前に、必ず体験入店をします。

体験入店によって、入店できるか、保証時給はいくらになるか、決まります。

逆にキャスト側もお店の大体の雰囲気を知ることができます。

TRY18

体験入店の持ち物

サンダルやドレスをレンタルできるお店もありますが、サイズの問題や、似合う似合わないがあるので自分のものがよいでしょう。

ドレス

自分をアピールできるものにしましょう。

要するに一番評判のいいものです。

スタッフにも、お客様にも自分を良く見せるためです。

ポーチ

結構式で持つようなドレスに合う小さいポーチです。

中には、

  • ライター
  • ハンカチ(できれば2枚)
  • ちょっとした化粧直しできる化粧品
  • 携帯電話
  • 名刺
  • ボールペン

を入れます。

上記のものが入る大きさのものを選びましょう。

ハンカチ

お客様のグラスの水滴を拭くために、持ちます。

ミニスカートの場合、下着が見えないよう膝の上に置くこともできます。

ハンドタオルを持っている女の子も中にはいますが、グラスにタオルの繊維が付いてしまうのでハンカチをオススメします。

2枚用意するのは、予備も兼ねてと言う意味です。

また、膝の上に1枚置いて、1枚は水滴を拭くのに使うためもあります。

サンダル

ウェッジソールよりもピンヒールで、なるべくヒールの高いものを選んでください。

その方が足が長く、細くきれいに見えます。

また、ヒールが高い方が背筋が伸びて、姿勢が良く見えます。

また、歩くときに音がしないようにネックストラップの付いているものをオススメします。

ストッキング

生足が好きというお客さまも中にはいますが(笑)、ストッキングを着用しましょう。

履いた方が、絶対足がきれいに見えます。

また、黒ストッキングNGなお店が多いので、カラーのものは避けましょう。

お店によっては、ストッキング必須のお店もあるので、面接時に確認しましょう。

 

体験入店時のチェックポイント

本入店する前に、働くことを想定して、色々なことをチェックしましょう。

キャストたちの雰囲気

お店のキャストたちを良く観察しましょう。

入店したら、一緒に働くわけですから、どんな子がいて、どんな接客をしているのか。

派閥があって働きにくい環境かもしれません。

もし可能だったら、待機のときにキャストと話せるとベストです。

お店のことを探ると感じ悪いので、

「今日体験入店の○○です。
よろしくお願いします」

と話してかけてみてください。

もしかしたら、親切に色々教えてくれるかもしれません。

お客さまの雰囲気

  • そのお店にはどんな層のお客さまがいらっしゃるのか。
  • どのくらいのお客さまが来店されるのか。
  • フリーのお客さまはどのくらい来店されるのか。

指名を取らなければ意味がありません。

自分と合った(自分が好かれる)客層がいらっしゃるお店の方が指名が取りやすい=たくさん稼げる

ということなので、一番重要なポイントかもしれません。

金曜日に体入するのがいい!

金曜日は、一週間で一番多くお客さまが飲みに来られる日です。

なので、金曜日に体入する方が、お客さまの雰囲気を一番知ることができると思います。

金曜日が一番オススメです。

スタッフの雰囲気

お店のスタッフは、同じ店で働くという意味だけではなく、担当となってサポートしてもらったりと、重要な存在です。

担当とキャストはある意味”二人三脚”と言っても過言ではありません。

スタッフのキャストへの接し方を見ておくとよいでしょう。

 

体験入店の査定ポイント

体験入店の時の印象は、非常に重要です。

体験入店によって、保証時給は決まると言っても過言ではありません。

お店側からしたら、お店の売り上げを上げられるいい女の子に入店してもらいたいわけですけら、自分をアピールしましょう。

接客

  • 接客マナー
  • 会話

必ず見られています。

粗相のないよう気を付けましょう。

仮にお客さまとトラブルを起こしてしまったりしたら、そのお店では働くことはできないかもしれません。

売り上げに貢献する

体験入店の場合、フリーのお客さまの席に必ずつくことになります。

  • ドリンクを飲んで売り上げに貢献する
  • 場内指名をとる

やる気をアピールできますし、印象がよくなります。

指名を呼ぶ

お店を変わる場合、自分の手持ちのお客にお店に来ていただくことが一番のアピールです。

同伴できたら完璧です!

お店側としては、全くお客さまを持っていない女の子より、売り上げを持っている女の子を雇いたいのです。

売り上げを持っている女の子が入店して、その子が指名を呼べば自然とお店の売り上げが上がるからです。

キャバクラで働くのが初めての場合は、ドリンクや場内を頑張りましょう。

お客さま以外にも愛想よく!

キャストやスタッフにも愛想よく接しましょう。

きちんと挨拶し、きちんとお礼を言って、礼儀正しくしましょう。

もし入店することになれば、そのお店があなたの職場になるわけですから、一緒に働く人たちに悪い印象を持たれるより、

「今日体入の○○ちゃん、すごくいい子だったね」

と好印象を持ってもらった方がいいと思います。

 

体験入店を踏まえて入店を決める

  • お店の給料システム
  • お店の雰囲気
  • お店からの条件

上記を踏まえて上で、入店を考えましょう。

お店によって、本当に色々異なりますから、体験入店にたくさん行ってもOKです。

自分に合うお店を是非見つけてください♩

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑