キャバ嬢に学ぶ!男心をわしづかみにするメール・LINEテク

公開日: 

キャバ嬢に学ぶ!男心をわしづかみにするメール・LINEテク

キャバ嬢に学ぶ!男心をわしづかみにするメール・LINEテク

飲み会や合コン、紹介などで知り合った男性を連絡先を交換したのに、連絡がなかなかこなかったり・・・

その場では盛り上がったけど、なんでだろう・・・

キャバ嬢は、連絡をすることも仕事です。

お店に足を運んでもらえるような連絡をして、次回の来店につなげます。

そんなキャバ嬢の、誰でも実践できる連絡テクを、ご紹介いたします。

TRY18

返信がなくてもめげない

男性でマメな人はそんなに多くありません。

返信がなくても、必ずそのメールには目を通しています。

返信がなくても、”ウザい”と思われない程度に、「お疲れ様、今日も暑かったね。お仕事忙しいと思うけど、頑張ってね」なんていう相手を気遣う内容のメールは、男性は悪い気はしません。

ハートマークを使ってみる

ちょっと恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、ハートマークをさりげなく使ってみましょう!

アピールする意味もあり、相手に意識してもらうためにもハートマーク!

男性をその気にさせるには、恥ずかしがっていてはいけません。

リズムを大切に!

「すぐに返信したら、連絡待っていたみたいで嫌だから、少し時間を空けて・・・」とかそんな無駄な駆け引きは止めましょう。

内容はともあれ、リズムが大切です。

LINEであれば、スタンプ一つでもOK!

内容は一言でOK?!

長文のメールでも、短い文章のメールでも、女性からメールが来たことに変わりありません。

キャバ嬢は、「今日二日酔いで、やばい〜」とか、「暑くて外でたくないよ〜」とかお客様に送ります。

そんな感じで、「今日仕事忙しくて疲れたー」などの一言でOKです。

苦手だと感じても嫌厭しない

第一印象で「苦手かも・・・?!」と感じる男性いますよね。

そんな人も、もしかしたら今後どんな関係になるか分かりません。

苦手かもという先入観は捨てて、思い切って連絡してみましょう!

キャバ嬢も、最初は苦手かもって思ったお客様ほど、後々仲良くなったりします!

嫌厭しないで、一歩踏み出してみては?

素直な感情表現は大事!

メールの内容の中に、「嬉しい」「楽しい」「ありがとう」などのプラスの感情の表現を入れると、男性は「この子とのやりとり楽しいな」と感じてくれることが良くあります。

やりとりの回数が増えれば、「もしかしたら俺のことすきなのかな?」と思うようになるかもしれません。

相手に自分とのメールのやりとり(会話)が楽しいなと思わせることがポイントです。

月曜や、休み明けの連絡は効果的?!

休み明けは、「あー今週もまた、仕事か」と思いますよね。

そんな時に女性から、「おはよう!今日からまた仕事だね!今週もお互い頑張ろう♪( ´▽`)」なんていう内容もメールがきたら嬉しいものです。

キャバ嬢のとき、よく送っていました!

 

相手が自分に好感を持っているかどうかを見極めることが大事!

キャバ嬢の場合、指名する=好意があるという証拠ですから、わかりやすいです。

しかし、飲み会や合コンなどで知り合った男性が、自分をどう思っているかを見極めることが大事です。

男性が嫌悪感を持っていたら、連絡をいくらしても、相手には響きませんね。

あまりいい印象を持っていなければ、不快感を与えてしまったり、重く感じられたりします。

手応えがあまりないようだったら、もう一度会っていい印象をもってもらうところから始めましょう!

 

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑