キャバ嬢はお客様を選ばないようにする

公開日:  最終更新日:2015/09/01

キャバ嬢はお客様を選ばないようにする

キャバ嬢はお客様を選ばないようにする

キャバクラには、様々なお客様がいらっしゃいます。

しかし、キャバクラに来店されてお金を支払った時点で、”お客様”です。

正直いいお客様だけではありません。

嫌なお客様もいらっしゃいます。

しかし、キャバ嬢はお客様を選んでしまってはならないのです。

TRY18

第一印象で決めない

フリーで初めて着いた時に、すごく印象の悪いお客様っていますよね。

下ネタや下品な話題が多かったり、説教してきたり・・・

でも、そんなお客様でも後々、足繁くお店に通ってくださる”太客”になる可能性だってあります。

第一印象が悪かったとしても、連絡交換をしてアプローチをするようにしましょう。

フリーバックは10人に1人くらい?

フリーのお客様が、次に指名で来店してくださる可能性は非常に低いです。

10人にアプローチして1人フリーバックすればいいと思います。

10人いてもその中の誰が、どうなるかわかりません。

アプローチする分母を増やして、フリーバックの人数を増やすようにしましょう。

自分で見極める力を備える

お客様の言っていることを100%鵜呑みにしてはいけません。

もしかしたら、本当のことを言っていないかもしれません。

キャバ嬢だって、本当のことをお客様に言っていないのですから、お互い様です(笑)

仕事を聞いて、「あ、お金があんまりないんだな」と思って、営業に手を抜いていませんか?

お給料は低くても、遊ぶお金はたくさん持っている可能性だってあります。

勝手に解釈せず、自分で見極める力を備えましょう。

お客様を育てていく

どんなお客様でも、その後どうなるかわかりません。

最初”なんだか、楽しそうじゃなかったから次にはつながらそうだな”と思っても、それはキャバクラに慣れていないだけなのかもしれません。

キャバクラに慣れていないお客様だったら、育てていけますね!

育てていけるお客様だったら、こっちのものです!

キャバ嬢であるあなたが、お客様にキャバクラ遊びを教えてあげましょう。

 

”太客”と”細客”を区別する必要はある?!

たくさんお金を使ってくださるお客様を”太客”。

あまりお金を使ってくださらないお客様を”細客”なんて呼んだりしますね。

顧客を知らず知らずのうちに、自分の中で分けてしまっているところはありますよね。

区別すること必要性なんて全然ないです!

”太客”も”細客”も同じくらい大事!

お店に来てくださって、指名していただいているお客様は両方大事ですよね。

だけど、どこかでお金をたくさん使ってくれるお客様の方に、偏った態度をとってはいませんか?

絶対に、態度に出してはいけません。

そもそも、”太客””細客”で態度を変えるのはいけませんね。

”両方大事”という気持ちを持って接しましょう。

営業はまんべんなく

営業も、”太客”に偏るのはやめましょう。

金額ではないということを忘れないでください。

1晩で、100万円使ってくださるお客様が1組いて、そのお客様だけよりも、1万円使ってくださるお客様が100人いる方が絶対にいいんです。

もし太客が切れてしまった時、どうしますか?

全員を大切にしていてば、たとえ太客が切れてしまっても、イタイけどそんなに焦ることはないのです。

細客が太客に変身?!

自分の中で”細客”とカテゴリー訳されていたとしても、”太客”に変わることだって可能性はあります。

それは、キャバ嬢次第とも言えます。

お客様を育てるのも、キャバ嬢の腕の見せ所です!

 

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑