指名嬢でも嫌になってしまうキャバ嬢の特徴

公開日:  最終更新日:2015/09/01

指名嬢を嫌になる瞬間

指名嬢でも嫌になってしまうキャバ嬢の特徴

キャバクラはクラブと違って担当制ではありません。

お客さまに”嫌だな”と思われたら、指名替えもしくは、来店しなくなるのです。

本指名されるのは、ゴールではなく、そこからが大切なのです。

せっかく指名していただいたのですから、

”楽しかった”

”また一緒に飲みたいな”

と思ってもらいたいです。

TRY18

大体いつも酔っ払っている

酔っ払ってしまって、席で寝てしまったり、トイレに行ってくると言って、戻ってこなかったり。

実際よくある話ですが、せっかく指名で飲みに来ているのに意味がないです。

次回指名を外されても仕方ないですね。

スタッフやキャストの愚痴が絶えない

お客さまは、愚痴を聞きに来ているのではありません。

女の人は、話を聞いてもらいたい、気を許している証拠と思っているかもしれませんが、
お客さまからしたらどうでもいい話です。

たまーにぽろっと出てしまう程度にした方がいいでしょう。

私も飲むからと言ってボトルを入れたのに、理由をつけてドリンクを頼む

ボトルの売り上げが欲しかっただけかー!(笑)

ちょっと騙された感ありますね。

お客さまの懐事情を知るのも指名嬢の役割です。

明らかに売り上げを上げようとしている行為は、引いてしまうお客さまは多いようです。

びっくりするくらいガバガバ、ドリンクを飲む

よく見かける光景です(笑)

それ、ノンアルでしょ?(笑)って思うくらいガバガバと・・・

よくお客さまから聞く話です。

目先の売り上げだけ考えるのではなく、楽しんでもらうことを優先してほしいものです。

他の席のお客さまに触らせまくっている

お客さまは、自分の指名嬢が他の席についているのを見ているものです。

他の席での行動にも気をつけましょう。

なるべく指名の席同士は、お互い見えない席にしてはいるものの、お店の作りによっては見えてしまったりすることはよくあります。

特にイロコイ営業しているお客さまには気をつけましょう。

恋愛より、仕事や友達が大切!

これ、実はキャバ嬢はよく言います(笑)

わかりやすい断り文句です。

そんなことないでしょ?ってバレバレ(笑)

お客さまは、疑似恋愛を楽しんでいます。

もっとうまくやってほしいと思います!

明らかに自分に気がない

疑似恋愛をしに来ているお客さまに対して、嫌悪感が出てしまっている女の子たまにいます(笑)

顔に出てしまうのはプロ失格!

せっかく指名で来ているのに、お客さまの気持ちを盛り下げてしまいます。

”嫌がられている”と感じたら、次はないです。

気をつけましょう。

 

また一緒に飲みたいと思われるような接客を!

お客さまに

”楽しかった”

”また一緒に飲みたい”

と思っていただけるような接客を心掛けましょう。

そう考えれば、大丈夫です。

目先の売り上げを優先しない

どんなに売り上げを気にしていても、気にしているそぶりを見せずにうまくやりましょう。

綺麗事ではなく、お客さまのことを考えて居たら、自然と売り上げは後からでも付いてきます。

もし付いてこないのならば、やり方が間違って居るという証拠です。

見直す必要があると思います。

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑