キャバ嬢の枕営業はアリ?ナシ?

公開日:  最終更新日:2015/09/01

枕営業はアリか、ナシか

キャバ嬢の枕営業はアリ?ナシ?

最近、銀座のママの”枕営業”裁判が話題になっていました。

結局判決は、妻が不快に感じても不法行為にはならないという結果でした。

裁判の中で、枕営業は、優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」とし、「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ」と指摘されました。

また、「客が店に通って代金を支払う中から、間接的に枕営業の対価が支払われている」として、枕営業と売春は「対価の支払いが、直接か間接かの違いに過ぎない」とのこと。

では、キャバクラにおいては、枕営業はアリなのか、ナシなのか?

TRY18

枕営業とは?

枕営業とは、お客さまをつなぎとめるため、もしくは指名してもらうためにエッチをする営業方法です。

キャバクラで枕営業はナシ!

キャバクラは、性を売るところではありません。

キャバ嬢は、身体を使わずに自分の魅力で、どれだけ指名を取れるかです。

体を使わなくても魅了していくのが、プロのキャバ嬢です。

だから、枕営業はナシだと私は思います。

お客様が求める

お客様も目的が、エッチだけなら最初から風俗に行きます。

風俗は、最初からそれが目的だとわかっていますが、逆にキャバ嬢だから求めてくることが多くあります。

目的を達成するまで(キャバ嬢を落とすまで)が楽しいとか・・・聞きました。

「もう長い間通っているのだから・・・そろそろいいでしょ?」

なんて、お客様の使った金額にもよりますが、男性の本能みたいなものです。

真剣にお付き合いはしなくても、見返りを求めてしまう。

うまくかわすのがキャバ嬢の腕の見せ所

そういうお客様の心理をうまくかわしつつ、また次の来店につなげていくのがキャバ嬢の腕の見せ所だと思います。

枕営業しなくても、お店に通ってくださるお客様はたくさんいます。

 

枕営業するなら自己責任で!

枕営業は、自己責任・自己判断で行うものです。

私は枕営業をしたことはありませんし、基本的には枕営業はナシだと思っています。

しかし、枕営業をしている子を否定はしません。

枕営業は否定しない

たとえ枕営業で、指名を取っていたとしても、結果がでているのであればいいと思います。

それはそのキャストのやり方であり、逆にそこまでして指名を取るんだというアグレッシブさに凄さを感じました。

私にはできないことだったので、そのくらい真剣に売り上げが欲しいのだという向上心も感じます。

中には有効なお客様も

私の経験上、”大人の遊び方がちゃんとわかっている余裕のある太客”には、枕営業は有効です。

こういう太いお客さまは、ちゃんとわかった上で、誘っています。

ここを見極めないと、枕営業はただの軽い女になってしまいます。

 

枕営業のリスク

枕営業は必ずしも、指名やお客様をつなぎとめるというプラス要素だけではありません。

多くのリスクが伴います。

噂はすぐ広まる

枕営業しているのが、公になると、キャストの中での評判はかなり落ちてしまいます。

キャスト同士での噂はびっくりするくらい広まるのが早いです(笑)

だいたいエッチしたことを、喋ってしまうのはお客様なのです。

私もヘルプに着いた時に、何度もお客様が口をすべらせて(指名のキャストと)ホテルに行ったとか聞きました。

嘘か本当かわかりませんが、そういうところから広まるのです。

やりづらくなる

お客様と寝ていることが、周りに知られてしまうと、”枕”のレッテルをはられてしまい、やりづらくなることは間違いありません。

枕営業するキャストとは、連携を取るのが難しくなるからです。

2名でいらしているお客様でそれぞれ指名のキャストがいて、片方だけ体の関係があると、もう片方は必ず、営業のバランスが取れず、やりづらくなります。

また、枕のイメージがキャストの中でついてしまうと、合番を紹介してもらうチャンスが減ってしまいます。

基本的に寝てしまうと足が遠のく

極端を言うと一度寝てしまって、体の関係ができた時点で終了です。

お客さま(男性)は、目的(えっち)を果たしてしまうので、そこから長くいい関係を築いていくのは非常に難しいです。

一度そういう関係になってしまうと、なかなかお店にずっと通ってもらう関係は普通の男性だと難しいです。

これが最大のリスクと言えるでしょう。

 

枕営業の実態

ホストでは、枕営業はよくある話のようですね。

では、キャバクラでの枕営業の実態はどうなのでしょうか。

ホテル同伴?!

ホテル同伴?あまり聞き慣れませんが、実際ある話なのです。

ホテルでエッチして、同伴するそうです。

私は、ホテル同伴をしてきたお客さまから直接聞きました。

もちろん、キャストは否定していましたし、何が本当かわかりませんが他の女の子からも聞いたことがあります。

お客様と寝られますか?

キャバクラで店長が面接で「枕はできますか?」と聞き、入店初日から「客とアフターでエッチしろ」と命じるケースが増えているそうです。

実際私もたくさんのお店で働いてきましたが、強要するお店は1件もありませんでした。

強要された時点で、お店を変えるか入店しないことをお勧めします。

腕枕だけならOK

“エッチはダメだけど、腕枕ならさせてあげる”というキャバ嬢もいるようです。

しかし、これは”本番OKだよ”という意味で、プライドが高いので“やらせてあげる”と言いたくないそう。

接客が苦手なので風俗への転身を考えている子もいて、「風キャバ嬢」と呼ばれているらしいです。

そこまでやる必要があるのか考える

キャバ嬢をやっていると、お客様からそういう誘いがあるのは当然です。

しかし、やはりキャバクラはそういうことを目的としていないので、枕営業はナシだと思います。

お店や誰かに今日されるのであれば、それはキャバクラで働く意味はないです。

枕営業をする必要があるのかをよく考え、リスクを理解した上で自己責任でできるのか判断することが必要です。

決して、自分を安売りだけはしないでほしいと思います。

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑