キャバクラでより多くの場内指名をとるには

公開日:  最終更新日:2015/09/01

より多くの場内指名をとるには

キャバクラでより多くの場内指名をとるには

お店のシステムにもよりますが、場内指名にもバックがつくお店もあります。

また、ポイント制のお店だと場内指名もポイントになります。

場内指名を多く取ることは、キャバ嬢にとって必要なことです。

TRY18

場内指名は指名への近道

場内指名から、本指名になることが一番の近道です。

フリーでいらしたお客様に場内指名を貰って、次回本指名で来店されるという流れです。

場内指名は、その日ついたキャストの中で一番気に入ったという表現ですので、指名への近道です。

お客様が何を求めているかを知る

キャバクラにいらっしゃるお客様は、何かを求めて飲みにいらしています。

それは、お客様一人一人違います。

お客様のニーズに合った接客をすることで、その欲求に応えるのです。

お客様の欲求

  • 可愛い女の子と一緒に飲むという、非日常を味わいたい
  • 特別扱いされたい
  • モテたい
  • 癒されたい

ポイントは、もっと一緒にいたいと思ってもらうこと

フリーのお客様へ場内指名をもらう時のポイントは、”特別扱い”と”物足りなさ”です。

要するに、もっと一緒にいたいと思ってもらうことです。

 

場内指名を多く取るテクニック

場内指名を取るには、「もっと一緒にいたい」と思ってもらうことです。

どうすれば、もっと一緒にいたいと思ってもらえるのでしょうか。

ちょっと大げさなくらいのオーバーリアクション

キャバクラでの会話術で必要な、”オーバーリアクション”です。

お客様は、自分の話を面白いくらいに反応してくれると、話しやすくなります。

ちょっと大げさなくらいのオーバーリアクションをすることで、「この子もしかしたら俺に気があるのかな?」と思わせることができます。

お客様の”モテたい”欲求に応えるようにしましょう。

気分よく楽しんでもらう

オーバーアリアクションをすることで、”モテたい”欲求に応えるだけでなく、”特別扱いされたい”欲求にも応えることができます。

「○○さんと一緒にいると本当に楽しい!こんなに笑ったの久しぶり!」

「○○さんと話してると楽しくて、時間を忘れちゃう。もっとっもっとたくさん話したいな」

と言葉にすることで、お客様の”特別扱いされたい”欲求に応えることができます!

強引なくらいのおねだりは可愛い

席を抜ける時は、あっさりと「今日はありがとう。よばれちゃったのでまた」と抜けるのではなく、余韻を残しましょう。

「もっと話したい」「もっと一緒にいたい」ときちんと相手にアピールしましょう。

気に入っていれば、強引なくらいのおねだりは可愛いと思ってもらえる範囲です。

断られたとしても余韻を必ず残すこと

クロージングトークは必須です。

物足りなさを残すことで、次回の指名になるかならないか変わってきます。

もしその日、「自分に決定権がないから」と断られたとしても、気に入ってもらえれば次回の指名に必ず繋がります。

「もっと話したかったのに、残念です。連絡しますね!」など余韻を残すようにしましょう。

 

こちらの記事もご参照ください⇨キャバクラで場内指名を多く取るコツ

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑