キャバ嬢と付き合ったら、気をつけたいコト

公開日:  最終更新日:2015/09/01

キャバ嬢と付き合う

キャバ嬢と付き合ったら、気をつけたいコト

お店でお客様として、出会っても本気で付き合う事はあります。

実際私の知っているキャストも、お客様とつきあったり、結婚した子もいます。

男と女ですから、恋に落ちるのはよくあることで、ただ出会った場場所がキャバクラだっただけの事。キャバクラとは別の場所で出会って付き合うことも、もちろんあります。

TRY18

キャバ嬢という仕事

キャバ嬢は、毎日いろんな職種のいろんな年代の男性と出会います。

また、仕事の時間が夜なので、生活は不規則になりがちで、休みはバラバラです。

なので、生活リズムが合う男性か、生活リズムを合わせてくれる男性と付き合う事が多くなります。

見た目は、綺麗で華やかにしていますが、異性への接客やノルマなどでストレスが溜まりやすく、精神的に弱いと病みやすい仕事です。

お店の中での上部だけの人間関係に疲れてしまい、本当の自分をわかってほしいという寂しがり屋が多いです。

 

キャバ嬢と付き合ったら気をつけたいコト

キャバ嬢と付き合う事になったら、うまく付き合っていくために、気をつけたいことをお話しします。

私がキャバ嬢時代に、彼氏とうまく付き合っていくようにするためにしていた事です。

キャバ嬢という仕事を理解する

キャバクラでのお仕事は、男性を相手にします。

しかし、簡単に寝たり、つきあったりするコトはないという事を理解してください。

好きになればなるほど、不安な気持ちになるのは当然ですが、信じてあげてください。

キャバ嬢という仕事を理解して、分かった上で付き合ってほしいです。

理解した上で、2人のルールを作る

お客様と連絡を取るのも仕事のうちです。

お店では、露出の高い格好もします。

酔ってお客様に体をさえあられてしまう事もよくあります。

しかし、こういう事を理解して付き合わなければ、喧嘩になってしまいます。

”同伴はいいけど、アフターは控えてほしい”

”アフターするなら、連絡がほしい”

など、伝え2人のルールを作る事が大切です。

嫉妬はほどよく

男性と接する仕事だと、理解のある彼氏だと正直仕事がしやすいです。

しかし、女性の心理というのは複雑で、全く嫉妬されないのも悲しいものなのです。

たまには、ほどよく嫉妬してほしい!

嫉妬が過ぎるとうっとおしくなってしまうものですが、「アフターか・・・心配だなぁ」などと言われると、うれしいもの。

仕事を理解するのも重要ですが、彼女の事が好きだから、心配という気持ちは持っていてほしいですね。

予定を合わせる

同業や働いている時間が同じであれば、問題はありませんが、働いている時間が違うとすれ違いになってしまいます。

お互いに予定を合わせる”歩み寄り”をする事が大切です。

生活リズムが違う事は、結構大きな壁となるので、話し合って予定を合わせるようにしましょう。

 

キャバ嬢と付き合う上で注意したい事

大好きだけど、キャバ嬢をしているから、心配で仕方ないのは当然です。

しかし、キャバ嬢と職業の彼女は、信用されなかったりすると悲しいです。

付き合っていく上で、注意したい事をお話しします。

お客様とバッタリ会ってしまったら・・・

キャバ嬢である以上、彼氏の存在はお客様には悟られないようにしたいものです。

もしバッタリ、休みの日などに一緒にいるときにばったり会ってしまったら、協力しましょう。

また、なるべくお客様に会いそうな場所でのデートは控えたほうがいいでしょう。

一緒にいるときにお客様からの連絡・・・

休みの日に、お客様から連絡が来たとしても、快く応じてあげるようにしてください。

“自分と一緒にいるんだから・・・”と思わず、どうしても返さないといけない連絡なんだなと思ってあげて下さい。

簡単に辞めろ!と言わないで

我慢してる付き合っていると、喧嘩したときに”キャバクラなんて辞めろ!”とい男性はいます。

しかし、キャバ嬢たちも事情があってその仕事を選んでいるのかもしれません。

簡単に、”辞めろ!”なんて言わないでください。

辞めろというときは、責任を持つときに言ってください(笑)

お店には来てほしくない

真剣にお付き合いしている彼氏に、他の男性と楽しく話している姿を見られたくないというのが女心。

私は、彼氏には飲みに来てほしくなかったです。

人にもよりますが、”飲みに来て”と言われない限り、飲みに行くのは控えたほうがいいでしょう。

逆に、彼氏にお店に来てほしいって本当に彼氏なの?と疑問です。

 

キャバ嬢と付き合うのは大変?!

キャバ嬢も普通の女の子ですから、特に大変な事はありません。

しかし、彼女の仕事を理解してあげる事で、もっと2人の関係がより良いものになるのは間違いありません。

キャバ嬢という仕事は、信用してもらえなかったり、理解してもらえない事が多い事は本人が一番よくわかっています。

だからこそ、信用して、理解してくれる男性を求めているのです。

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑