キャバ嬢はトークに磨きをかける!

公開日: 

キャバ嬢はトークに磨きをかける!

キャバ嬢はトークに磨きをかける!

キャバ嬢は、綺麗やかわいいだけで指名を取れるわけではありません。

そんなに美人ではなくても、トークが上手だったら指名が必ず取れます。

売り上げがあるキャバ嬢ほど、トークに磨きをかけているものです。

TRY18

話題を豊富に!必ずニュースや新聞に目を通す

キャバ嬢は、お客様の話を聞くだけではありません。

話題を提供することも大事なので、ニュースや新聞に目を通してボキャブラリーを増やすことが必要です。

もちろん、お客様に意見を求められたりすることもあるので、知識は頭に入れておきましょう。

影の努力を怠ることなく、会話の引き出しをたくさん持つことが必要です。

興味がない話題でも、乗る!

「つまならいな」「私は興味がないな」と思う話題であっても、きちんと乗りましょう。

お客様に気持ちよく話をしていただくことが重要です。

たとえ興味がない話題でも。きちんと相手の話を聞く、聞く姿勢をとることで相手は気持ちよく話をすることができます。

お客様の雰囲気に合わせてキャラチェンジ!

キャラ設定を守ることも必要ですが、お客様の雰囲気によって、キャラを変えることも重要です。

普段元気なキャラでも、お客様に合わせて、ちょっとしっとりとしたキャラになったりと、普段の自分と別のキャラを演じることです。

会話の中に、お客様の名前を入れる

最初に自己紹介した後に、お客様の名前をお聞きして、会話の中でお客様の名前を呼ぶようにしましょう。

名前を呼んだり、呼ばれたりすることで距離は近づきます。

例えば、「○○さんは、会社この辺なんですか?」「○○さんって映画が好きなんですね」など。

褒めるとお世辞の違いを間違えない

お世辞とは、簡単に言うと、心にないことを愛想のために相手に言うことです。

褒めることは、自分が本当に実感していることで、尚且つ相手を喜ばせることができることです。

とりあえず褒めるはお世辞に聞こえてしまう?!

とりあえず、「このネクタイ素敵ですね」とか、目に入ったものを褒めるとお世辞に聞こえてしまうことがあります。

例えば、お客様もキャバ嬢に「かわいいね」とか言いますよね。

本心なのか、お世辞なのかわからないことがあります。

相手をよく観察して、褒める

相手をよく観察して、その人を1人の人間として客観的に見たときに、必ず誰しもがいいところがあります。

そこを褒めるようにすると、「ちゃんと俺のことわかってくれているな」となります。

まずは、相手のことを観察し、情報を収集することが大切です。

過去に話した会話をする

前に話した会話の話題や内容を話すと、「自分のことをよく覚えている」とお客様は思います。

例えば、自分がネイルサロンに行ったときに前回話した内容をネイリストさんが、覚えていてくれたら、嬉しいですよね。

お客様のことを覚えていると、好印象です!

 

お客様が気持ちよく話をできる環境を作り出す!

キャバ嬢は、綺麗に着飾って、ニコニコしているだけでは務まりません。

お客様に楽しい時間を提供するのがお仕事ですから、もちろん会話や気配りも必要です。

お客様の支払う金額の対価が支払われていることを忘れない

ただただ、出勤して、なんとなく会話して、お給料もらえてラッキー!という考えのキャバ嬢も中にはいます。

しかし、キャバクラでお客様が支払う金額は決して、安い金額ではありません。

お客様が過ごした時間に価値があるからこそ、また次があるわけです。

自分に支払われている価値を忘れないように仕事をしていきましょう!

それを理解しているキャバ嬢がプロです!(^ ^)

 

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑