キャバ嬢をやるために必要な心構え

公開日: 

キャバ嬢をやるために必要な心構え

キャバ嬢をやるために必要な心構え

キャバ嬢は、一見きらびやかな世界に見えますが、同時に厳しい世界でもあります。

お金を稼ぐということでは、他の仕事と同じなので、心構えは同じです。

細かい接客術や会話術、お酒の作り方などは、その都度スタッフに教えてもらうなり、売れっ子キャバ嬢の真似をするなりして自分で学んでいきましょう。

ナンバー1などの所作を観察し、いいところは自分なりにできることを取り入れるのは、非常に重要なことです。

私も常にそうしてきました。

心構えは、簡単なことですので、すぐに実践してみましょう!

TRY18

身だしなみに気を使う

キャバ嬢は、見た目が非常に大切です。

接客業としては当たり前のことですが、女性らしさが前面に出すことです。

男性目線で、好かれやすい見た目にしましょう。

ドレス、メイク、ヘアメイクなど”自分がいいと思ったもの”よりも、”男性がいいと思うもの”をチョイスすることです。

男性のスタッフに相談してみることをオススメします!

また、自分の売り(チャームポイント)をなるべく出しましょう。

例えば、脚が綺麗ならミニスカート、胸が大きいなら谷間をアピールするなど、しかしやりすぎは禁物です!

笑顔を忘れない

キャバ嬢は、感情を顔に出さないようにしなくてはなりません。

キャバクラにはいろいろなお客様がいらっしゃいますので、嫌なことを言われることもあるかもしれません。

しかし、さらっと顔に出さずにかわすことです。

また、笑顔は女性の最大の武器です。

笑顔でいる女性に悪い印象は持ちません。

辛いことがあったとしても、笑顔でいるよう心がけましょう。

人の意見を受け入れる姿勢

どんなにベテランになっても、年が上であっても、人の意見は1つの意見として受け入れる謙虚な姿勢が必要です。

素直なキャストは、お店からも大切にされます。

もちろんお客様からもです!

人の意見を鵜呑みにする必要はありませんが、自分なりに噛み砕いて受け止めるようにしましょう。

挨拶は、しっかりと礼儀正しく

「おはようございます」「お疲れさまでした」「ありがとうございます」「お願いします」などの挨拶はきちんとしましょう。

キャバ嬢に限らず、社会人として当たり前のことです。

特にキャバ嬢は、連携をして協力していくことも必要となってきます。

身内に的を作らないようにしましょう。

やる気・向上心を見せる

キャバクラは、キャバ嬢にとって職場(会社)です。

やる気があって。向上心があるキャストに頑張ってもらいたいと思うのが、お店側の考えです。

「待機していれば時給がもらえてラッキー」「最低時給でいいや」と思っているキャバ嬢には、もちろんチャンスも巡ってきません。

やる気のあるキャストにお店側もチャンスと与えたいと思うので、フリーの席にまわしてもらえなくなる可能性もあります。

お客様を思いやり、気配りをする

相手のことを思いやる気持ち。気遣いの気持ちは、必ず相手に伝わります。

お客様あってこそのお店ですから、お客様への気配りは接客業としては、当然のことです。

相手は、どうしたら喜んでくれるだろう、どうしたら気持ちいい気持ちになってくれるだとう、ということを考え接することが大切です。

 

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑