営業メールでキャバクラ(お店)へ足を運んでもらう方法

公開日:  最終更新日:2015/09/01

思わずお店に足を運びたくなるようなメールとは

営業メール

キャバクラで働いている上で、お客様に足を運んでいただかなければ意味がありません。

お客様に連絡をする目的は、お店に来ていただくことなのですが、営業メールばかりだとお客様としては、「所詮、自分は客なんだ」と思ってしまい、逆に足が遠のいてしまいます。

基本的には、来店を促すメールと、お客様を繋ぎとめておくメールの2種類に営業メールは分けられます。

TRY18

ふとしたときに思い出してもらう

お客様としては、

指名する=気に入っている

わけですから、普段は何気ない会話で楽しみ、余裕があるときに飲みに行こうかなといった感じで付き合っていきたいのです。

その余裕があるときに、

「ちょっと近くまで来たから○○ちゃんのお店に会いに行こうかな」

と思っていただくようにするのです。

要するに、ふとしたときに思い出してもらえる存在になることが重要です。

つなぎとめるメールは彼氏に送るような内容に

普段送るメールは、ふとしたときに自分を思い出してもらう、つなぎとめる目的で送ります。

直接来店につながるようなメールではなく、

今日こんなことがあったよ!

などの日記のような内容でいいと思います。

たまにしか会えない、彼氏に送るような気持ちで内容を作るといいですね!

銀座のクラブのお姉さんのメール

あるとき、お客様に銀座のクラブのお姉さんから来たメールを見せていただいたことがありました。

内容は、

「今日は朝から早起きして、歯医者に行ってきました」

という内容でした。

キャバクラもクラブも普段送る内容は変わらないんだなと、思いました(笑)

自分の一方的な日記の内容ではなく、相手の話題も触れるようにしましょう。

コピペでもOK!

お客様一人一人によって内容を変えるに越したことはありませんが、何十人と送る場合、キリがありませんよね。

そんなときはコピペでOKです。

しかし、ここでポイントなのが、お客様の名前を必ず入れること!

名前以外のところはコピペでも名前が入っていたらコピペなんて思いません!

しかし、思わず名前を変えずに送ってしまわないよう十分注意しましょう。

来店を促す営業メール

ずっと、つなぎとめるメールだけだと、メル友になってしまいます。

ある程度、期間が経ってそろそろ来店してほしいと思ったときには、営業メールをして来店を促しましょう。

メル友状態になってしまうことってよくあるんですよね(笑)

自分で目安をつけましょう。

思わずお店に行きたくなる営業メール

距離が近くなったな(仲良くなったな)と感じているお客様には直接的に、お店に来てほしいとダイレクトにお誘いしてもアリだと思います。

しかしそれよりも、思わずお店に行きたくなる内容を送る方が効果的です。

例えば

「今日新しいドレスを着てるよ!ちょっと露出が多くて恥ずかしい・・・。

○○さんに見てもらって感想聞きたいな」

など男心をくすぐるような内容がいいのではないでしょうか。

助けてメール

付き合いが長いお客様や、応援したいというタイプのお客様に有効です。

「今日、全然指名がなっくて、店長に怒られちゃった(/ _ ; )

○○さん、助けてー」

ちょうど、お店の近くにいたり、そろそろ行こうかなと考えているお客様だったら来てくれますね!

実際、よくこの内容は送りました(笑)

久しぶりに来店してほしいメール

「○○さん、お元気ですか?最近全然お会いしていないので、なんだか寂しいな( ; ; )

久しぶりに○○さんの元気な姿が見たいな!」

など、たまには行ってみようかなと思ってもらうような内容にしましょう。

また久しぶりに来店してほしいとは、返信をもらえるような内容にします。

つまり、お客様が返信しやすい内容にして、何回かやりとりができれば成功です。

お土産買ってきたよメール

普段のメールで、

「明日からお店のAちゃんと2泊で旅行に行ってきます。お土産買ってくるね」

と送ったら、必ず帰ってきたら、

「○○さん、ただいまー!帰ってきたよ^ ^楽しかった!

○○さんにお土産買ってきたから、近いうちお店に来てほしいな」

と送りましょう。

来店になるきっかけはなんでもいいのです。

旅先で思い出してくれたんだ!と思ってもらう

実際、お土産買ってきたよメールで、お店にきていただいたことが何度ももあります!

お土産を買ってくる=お客さまのことが頭にある

ということですから、

「○○さんにぴったりだなと思って」や

「○○さん、これが好きだって言ってたから!」

んどを付け加えると効果的です。

お客さまに、自分のことを思い出してくれたんだ!、と思ってもらいましょう。

メールの前に流れを作っておくと楽!

お土産買ってきたよメールでもお話ししましたが、普段の何気ない会話のやりとりからの営業メールの自然な流れを作ることが重要です。

いきなり「お店に来てほしい」と言っても難しいと思います。

あくまでも、話の流れで来店を促すように心がけましょう。

営業だとわかってはいるけど・・・

お客さまが営業だとわかっていても、思わず足を運んでしまうような営業ができるといいですね。

キャバクラにいらっしゃるお客さまのほとんどが、営業だとわかっていて誘いにのっていると思います。

営業の場合、相手に聞き入れてもらうことが条件ですから、普段からそういう関係を築けるのがベストですね!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑