キャバ嬢が同伴出勤を増やすテクニック

公開日:  最終更新日:2015/09/01

同伴出勤を増やすテクニック

キャバ嬢が同伴出勤を増やすテクニック

キャバクラでは、同伴出勤を増やすことで、お給料を増やすことにつながります。

ノルマのあるお店は、必ず同伴ノルマのあります。

ナンバー上位の女の子は常に同伴出勤の予定が入っています。

では、同伴出勤を増やすテクニックとは?

TRY18

お客さまが誘いやすい口実を作る

接客しているときに自分の好きな食べ物の話をしたり、行ってみたいお店の話をしたり、お客さまが誘いやすい口実を作りましょう。

「今度ここ行ってみたいね」

という会話になれば、お客さまのあなたを誘いたくなります!

積極的に食事に行く

同伴してくれるか、してくれないかわからない場合も積極的に食事に行くようにしましょう。

とにかく、行動しなければ結果は生まれません。

行ってみなければ、わからないこともあります。

「同伴にならなくても仕方ないかな」という気持ちで行ってみると、案外、同伴してもらえたりするものです!

複数人で食事に行く

お客さまが複数で来店していたとき、一緒についていた女の子を場内指名していたり、気に入っていたら、今度みんなでご飯行こうよ!と誘ってみましょう。

お客さまと2人で行くより、

「この後、一緒にお店行こうよ!」

と誘いやすくなります。

お客さまも

「せっかく来てくれたから、少しだけ行こうかな」

という気持ちになり、同伴してくれる確率が上がります!

忙しい設定に!

実際どうかということは、置いておいて忙しい設定にしておきましょう。

そうすると、食事に行ったときに、

「○○ちゃん、忙しいのに時間作ってくれてありがとう」

と思ってもらえます。

また、やたらと店外に誘われないのもメリットですね(笑)

お店では見せない顔をみせる

お店での接客とは違う一面を見せてください。

「お店に行ったほうが楽しい」

と思ってもらえるように、ちょっとそっけない態度をみせるのもいいですね。

「人目があるから・・・恥かしい」

と食事のときは素っ気なくても、お店に行ったら手を握るなどすると、ギャップがあっていいです!

 

同伴出勤する時のマナー

同伴の時も”お仕事”です。

マナーを守って、気持ち良くお店に来てもらいましょう!

服装

食事するお店にあった服装でいきましょう。

基本的にカジュアルすぎる格好は避けたほうが賢明です。

あらかじめお店が決まっていたら、リサーチすることがマナーです。

お客さまは意外と周りの目を気にしているものです。

男性なら必ず思うことだと思いますが、”いい女を連れて歩く”ことに越したことはありません。

ヘアメイクは済ませておく

急な同伴以外は、待ち合わせの前にヘアメイクを済ませておきましょう。

ヘアメイクをした方が、絶対に綺麗に見えますし、お店に行ってからお待たせする時間がありません。

飲み過ぎない

いくらお客さまに勧められたからといって、この後仕事ということを忘れないようにしましょう。

酔っ払ってしまっては、接客に差し支えが出る場合があるので、節度を持って飲みましょう。

同伴で酔っ払ってしまって、接客ができないというキャストをよく見かけました。

プロ失格です!

せっかく同伴出勤したのに、意味がありません。

お会計

飲みなれているお客さまだと、トイレに立っている間に会計を済ませてもらっている場合が多いです。

しかし、タイミングを逃してしまいお会計に立ち会う時、必ずお財布を出して、支払うそぶりは見せましょう。

9割の男性は、「いいよ!」といって払ってくれます。

財布にはお金を入れておかない(笑)

もし財布を開くとことになって、たくさんお金が入っていたら、どこか可愛げがなく思われてしまします。

たくさん稼いでいるイメージもついてしまいます。

できれば、1万円札は隠しておきましょう(笑)

私の友達は、「少し出して!」と言われた時の為に、同伴の時は3千円しか財布に入れていませんでした。

くしゃくしゃの千円札

私がキャバクラに勤め始めた時、店長に教えてもらったテクです。

お会計の時わざと、くしゃくしゃにした千円札を何枚か出して、

「今これしか持ってないの。足りる?」

と言ってごらんと、言われました。

そうすると、お客さまは「出さなくていいよ」となる率が高いそうです(笑)

私は、実践しませんでしたが、「少し出して!」と言いそうなお客さまにはアリだと思います。

こんなことしなくても、ほとんどの場合、お客様が払ってくださることが多いです。

※個人の意見ですので、参考程度にお願いします。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑