キャバ嬢からお客様への同伴アプローチ

公開日:  最終更新日:2015/09/01

キャバ嬢からお客様への同伴アプローチ

キャバ嬢からお客様への同伴アプローチ

キャバクラでは、同伴のポイントが高いです。

同伴バックがあったり、ポイントがついたりします。

売り上げを上げるには、確実な来店の同伴の数を増やすのが得策です。

売り上げ上位のキャストは常に、同伴の予定を入れています。

お客様を同伴出勤に誘うアプローチの仕方をお話ししていきます。

TRY18

お客様は同伴が嫌なのではない!

「同伴するのはちょっと・・・」っていうお客様も中にはいます。

お客様は基本的に、お店の外で会うのが嫌なのではなく、金銭的問題で嫌がっていることが多いです。

食事代(遊んだお金)+同伴料(3,000円)がかかるので、結構痛手だなと感じる人も少なくないようです。

同伴=食事の概念は捨てる

同伴は、必ず食事をすると決まってはいません。

私も、映画や野球観戦をして同伴したことも何度もあります。

相手の興味のあることを誘う方が、同伴しやすいこともよくあります。

食事以外でも同伴は可能なので、そういうアプローチをしてみましょう!

お客様の趣味に合わせた方が誘いやすいですよね!

夜の匂いを消す

”キャバ嬢やってます”というような服装は避けて方がいいでしょう。

お客様はせっかく店外で会うのですから、キャバ嬢っぽいより普通の服装の方を好むかたが多いです。

なるべく夜の匂いを消した感じで、店外デート(同伴ですが)を楽しみましょう。

リーズナブルなお店をチョイス

お客様の同伴へのネックが、金銭的問題であるならば、リーズナブルなお店での食事を提案しましょう。

もちろん「このお店安いからここにしよう」なんて言ってはダメです。

「どうしても、ここの○○が食べたいから△△に行きたい」という感じで、リーズナブルなお店をチョイスした方が、お客様も行きやすいかと思います。

お客様にお任せコース

男性は頼られると嬉しいものです。

例えば、「今日焼肉が食べたい!焼肉の美味しいお店に連れて行って欲しいな〜」などと、お気に入りのキャバ嬢に可愛く言われたら、ネットで頑張って調べてくれます。

食べたいもののリクエストでアプローチしてみましょう。

たまには、同伴なしで食事だけ

お店には来なくてもいいけど、食事だけしましょう!という日をたまには作りましょう。

「○○さん、今日時間ありますか?○○(お店の名前)に一緒に行きませんか?」

「同伴は大丈夫です。○○さんと○○(お店の名前)に行って食事したいんです」

といった感じで誘ってみましょう。

「一人で食べるの寂しいから、付き合ってよ〜」いう感じでお誘いしてもいいでしょう。

もしかしたら、「お店に行くよ」となるかもしれません。

そうなったら、ラッキ−ですね!

たまには、食事代を出す

同伴なしで食事だけの時に、「今日は、私が誘ったんだから今日は私が出すよ!」と払おうとしましょう。

男性は、女性と食事に行って、女性に払わせようとしないですから大丈夫です。

大体の場合、「いいよ、俺がだすよ」となります。(ならない場合も・・・)

もし、払ったとしても来店に繋がりますから、大丈夫です。

 

※個人の意見ですので、あくまで参考程度にお願いします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑